着物の印象

古くなった着物をたくさん売りました。祖母の物、母の物、私の物などです。私たちはずっと着物を愛してきましたが、着物をたくさん買いすぎて家がひどい状態になっていたので、私が着物買取業者を見つけて売ろうよと母と祖母に誘いました。母と祖母は着物と売るなんて・・と言いましたが、私がしつこく言うと納得してくれました。どんどん新しい着物が増えていくので、着ないものはサッサと売却しがほうが非常にスッキリします。

 

母と祖母はどちらかというとものを捨てられないタイプなんです。実際に着物を売るとけっこう高値で売れたので、母も祖母も嬉しそうでした。うちにあっても意味のない着物だし売って良かったと言っています。私は小さなころから着物を着せられて、洋服のほうが好きなのになぁと思っていましたが、社会人になってから着物の魅力がわかり、普段でも着るようになりました。

 

友達にも着物を着せてあげると喜ばれますし、友達から着物を着れるなんて尊敬すると言われます。若い人ってあんまり好んで着物を着ませんよね。私は結婚してからも着物を愛して着ますし、子供が生まれたら絶対に着物を着せたいと思います。着物って着れば着るほど愛着がわくんですよね。

続きを読む≫ 2016/03/06 16:07:06 misc

着物をたくさん自宅に所持しているという場合や、あるいは着なくなってしまった着物を売りたいという場合には、着物を買取してもらうことがお勧めです。
着物を買取をしてもらうのには、さまざまなコツがあります。
折角買い取ってもらうのですから、なるべく高い価格で買い取ってもらいたい、と思う方も多いのではないでしょうか。
先ず、着物を買取してもらう場合には、着物買取店を探す必要があります。
たとえば、こうした着物は街のリサイクルショップであったり、またさらには中古品店などでは、買い取ってもらえない可能性があります。
また、こうしたお店の場合は、高い価格で買い取ってもらえない場合が多いので、やはりしっかりと着物の質などを見定めてくれる専門店を選ぶことがお勧めです。
また、着物買取店の中には、着物の販売ルートが広い所があります。
こうしたお店の場合は、高く買い取ってもらうことができますので、おすすめです。
また、着物を買取してもらう場合には、着物の状態などが非常に大切となります。
たとえば、良い着物であったとしても、保管状態が悪かったりすると、買取価格が下がってしまう原因となります。
ですので、しっかりと管理をしておくことが必要です。

続きを読む≫ 2016/02/07 14:30:07 misc

着物売る時に、できれば高い値段で売りたいと思うのは自然な事なのではないでしょうか。中には高額な査定額がつくものもあれば、そうでもないものもあります。どういった着物が高く売れるのか、そのポイントを紹介していきたいと思います。着ていない着物で高く売れそうなものがあるかどうかの判断の基準になさってください。
まず高額査定が期待できないようなものから簡単にご紹介します。痛みや汚れが酷いもの、ポリエステルやウールのもの、サイズが特殊なものなどは高額査定は期待できませんから、候補から外して考えてください。
高額が期待できるのは、やはり状態が綺麗でできるだけ新しいもの、有名作家の作品、有名産地のもの、丈の長いものなどです。これらは場合によって高い査定額がつく事が期待されますから、タンスなどに眠っている場合は一度査定をしてもらってみてください。
また査定額をアップさせるもう一つのポイントとしては、小物類があればそれらも一緒に出すという事です。この一工夫で査定額はさらにアップが期待できますから、小物があれば忘れずにそちらも用意するようになさってください。
どんな着物が高く売れるのか気になっていた方々の参考になれば幸いです。

続きを読む≫ 2016/01/18 15:49:18 specific

数年前の頃、私の娘が着物の専門学校へ通っていました。 実は、成人式の日に着物を着たのですが、帰り際には崩れてしまって“半べそ”になっていたせいもあったようです。 学費はだいたい20万くらいで、私が半分程度出してやりました。
通っている学校はわりと内容が濃かったようで、週1回の授業でしたが、時にはお偉いさんの講義や年に何回か講堂を借り切って大規模な授業などもあったようです。 当然ながら、専門学校ですから着付けの専門的な試験もあります。 学校では、着付けの他にも季節の着物や場所や会合の種類によって着物の選び方やその他、織物や染物、それに日本の着物の歴史なども学ぶようです。

 

一年間学んでの習得技術は、これでも自分で着ることができるか、それに、知り合いの方の振袖や着物を着せるくらいの先生レベルだそうです。 その上には、師範とか指導講師など、上があるようで、何でもそうでしょうが更に上を目指すには、例えば結婚式場の花嫁の着付など、着付でお金をもらうような人をめざすなら、その上のレベルで、やはり50とか100万円のお金がかかるそうです。
気を付けたいのが、着付け教室に関するトラブルで、1、2日の短期間の無料の着付け教室です。 此のような場合はセミナーの名を借りて着物や帯を半ば強引に売りつけられることが問題となっているのです。 此のような場合はハッキリ言って、着物販売のための客寄せの着付け教室と考えた方が無難なようです

続きを読む≫ 2016/01/12 15:51:12 specific

親戚などが一堂に会する結婚式には、おばさんたちはこぞって着物を着ています。
写真を見てもそれは美しいですし、よく似合っています。
ああいうのを見ると、とても好感度が上がります。
私も結婚式の時など、留袖が着られたらいいな…と思います。
留袖って、日本人にはよく似合う着物だと思います。
おばあちゃんなんかはもうかなり年がいってて、しわしわの顔で、首も肩もやせ細って前より小さくなっていたけど、留袖がとてもよく似合っていたから年を取っても着られるんだな、とわかりました。そして、すごく似合っていました。
テレビなんかではIKKOさんがいつもきれいに着物を着てますけど、着物が元々好きなので、目の保養になります。
いつも着てくれていて、男の人なのに素敵です。
あそこまでやれば本望ですよね?髪だってきちんとしているし…お化粧もそれなりにきれいで、とてもすっぴんのIKKOさんからは想像もできません。
でも、私も中年以降は訪問着を着て日傘を差して歩くような女性に強くあこがれていました。
だけど、実際はそんなに簡単には着物で生活が回るような事は無理で、スカートでも無理なくらいです。
あこがれてる人は多いだろうけど、やっぱりズボンで大股であちこち動かないと回らない、という、あわただしい毎日です。

続きを読む≫ 2016/01/10 16:55:10 blind

以前にオーストラリアの友人宅を訪れた際、ぜひ着物を着て見せてほしいというリクエストを受けました。そのため日本から着物を持って行き、オーストラリア人にそれを披露しました。しかし着物は非常に高価なものです。また上手に扱わなければスーツケースの中でシワになったり、傷んでしまうこともあります。そのようなことを考え、自分が購入したのは化学繊維でできた価格のリーズナブルな着物です。
生地は非常に軽く、シワになりにくいものでした。着物の価値を理解できる人からしてみればこのようなものは邪道かもしれませんが、着物のことをよく知らないオーストラリア人にとっては全く問題ありません。そして結論からいえば、この着物を購入して正解でした。もちろんスーツケースの中で傷んでしまうことはありませんでしたし、動きやすく、シワになりにくいものでした。
自分はこの着物を着て長時間、友人宅のソファーに座っていました。以前に同じような状況でウールの着物を着ていたときは膝の裏に当たる生地がシワシワになってしまったのですが、この生地は全く問題ありませんでした。外国人受けもよく、持ち運びが便利な化学繊維素材の着物は、海外旅行で着用予定の人にお勧めできるものです。

続きを読む≫ 2016/01/09 15:57:09 misc